川原陸(創成館)選抜での成績は?球種や球速と出身中学校についても!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する選手は、長崎県にある創成館高校の野球部に所属している川原陸投手について紹介していこうと思う!

 

2018年春の選抜にも出場している高校であり、注目選手の一人として挙げられている投手であるのでどんな選手なのか紹介していこうと思っている。

 

また、選抜での成績や球種や球速と出身中学校についても併せて記事に書いていこうと思っている。

 

では、初めにプロフィールから紹介だ!

 

【関連記事】

選抜高校野球の組み合わせ表や日程展望は?前売り券情報も!

選抜高校野球(2018)の抽選日はいつ?優勝候補予想や注目選手も

スポンサードリンク

川原陸のプロフィールは?


 

名前    川原 陸(かわはら  りく)

出身地   長崎県長崎市

体重    78kg

身長    184cm

ポジション 投手

投打    左投げ左打ち

 

これまで多くの高校球児を紹介してきたが、本当に身長が高い選手が多いよな。

特に投手は、身長が180cmを超えている選手がぞろぞろいる印象を受けている。

 

では、どんな野球経歴を送って来たのか紹介していこうと思う!

 

野球を始めたのは小学校1年の時になる。

野球を始めた時は、ソフトボールであったそうだ。

 

恐らく小学校時代にソフトボールから野球にシフトしたと思うが、中学校に進学すると長崎北リトルシニアに所属することになる。

 

チームが設立されたのは、1970年でありかなり歴史のあるチームであるよな。

中学校時代から硬式野球をしていたことになるんだが、硬式ボールで練習するので軟式と比べて肘に相当負担が掛かるんだ。

 

練習は、基本的に土日祝日となるんだがほぼ全員が平日は自主練習に励んでいる。

 

中学生時代からかなりの成績を収めていたので、中学校3年夏には全米選手権に出場している。

 

全国大会に出場するだけでも相当凄いことになるんだが、アメリカ遠征も経験しているので甲子園の大舞台でも堂々としたピッチングが出来ているのはこの経験があるからに違いない。

 

創成館高校に入学することに。

長崎市にある私立高校で男女共学になる。

 

野球部が出来たのは、1962年であり学校が創立されたと同時に作られたので一番歴史のあるチームになるんだよな。

 

野球部に入部して、2年の春に開催されたNHK杯から控え投手としてベンチ入りをしている。

毎日厳しい練習を経て、2年の秋にはエース投手としてチームに君臨するんだ。

 

2年の秋に開催された長崎県大会では、全4試合に先発出場しており長崎県大会を優勝している。

 

続いて九州大会へと出場するんだが、この九州大会でも全4試合に先発出場を果たしており九州大会で初優勝を飾っている。

 

九州大会を優勝したので、全国大会である明治神宮大会へと出場。

 

明治神宮大会でも4試合に出場しているが、1回戦と2回戦は先発出場している。

準決勝は、2017年の春選抜で優勝をしている大阪桐蔭との対戦。

 

先発出場はしていないが、序盤に創成館高校が4点を獲得して大阪桐蔭の猛烈な追いつきを交わして7-4で勝利を飾っている。

 

明治神宮大会の決勝戦へと出場することになり、相手は高知県代表の明徳義塾高校との対戦だ。

 

明徳義塾高校と言えば、野球を全く興味がない人でも名前位は聞いたことがあるのではないだろうか。

 

甲子園常連校であり、全国屈指の野球強豪校になる。

この試合でも、連戦の疲れも考慮されてか先発出場はしていない。

 

1回に明徳義塾高校が先制点の1点を挙げる。

3番手投手として、川原陸投手も登板しているが明徳義塾高校に4-0となり決勝戦で敗退となってしまった。

 

上の明治神宮大会の成績が評価され、2018年春の選抜に出場している。

 

では、次のテーマで選抜での成績について紹介だ!

スポンサードリンク



選抜での成績は?

では、2018年春の選抜の成績について紹介していこうと思う。

 

一回戦の相手は、山口県にある下関国際高校との対戦となる。

 

先発投手は、川原陸投手であり6回を投げて1失点の好投を見せて見事甲子園初勝利を飾っているんだよな。

 

2回戦の相手は、奈良県代表の智弁学園との対戦。

智弁学園も甲子園常連校であり、めちゃめちゃ強い高校して知られている。

 

川原投手は3番手投手として登板しているんだが、序盤に智弁学園が1点を取っていたが8回まで1点も取ることが出来なかった。

 

しかし、9回に創成館が1点を獲得して同点となっている。

 

土壇場で同点に追いつくことが出来、10回裏に3番松山選手がソロホームランを打ってサヨナラ勝ちを収めているんだ。

 

続いて、和歌山県代表の智弁和歌山高校との対戦になる。

 

ユニフォームが全く一緒なので、対戦相手はちゃんと変わっている(笑)

 

智弁和歌山も甲子園常連校の強豪校だ。

 

この試合でも、先発出場していないが一回に3点創成館が獲得している。

 

しかし、中盤に追いつかれるも乱打戦のシーソーゲームとなった。

 

9回までに決着が付かず延長戦となっているが、10回表に1点創成館が獲得するも10回の裏に智弁和歌山に逆転タイムリーを打たれてサヨナラ負けを喫している

 

甲子園のマモノがいるとはよく言われているが、サヨナラ勝ちを決めた創成館であったが今度は逆にサヨナラ負けを喫することとなってしまった。

 

初めての甲子園でベスト16に入ることが出来たのは素晴らしい結果を残せたのではないかと思う。

 

また、夏の甲子園に戻って来て欲しいチームである。

スポンサードリンク



球種や球速と出身中学校についても!

では、最後に球種や球速と出身中学校について紹介だ。

 

球速は、最速141キロをマークしている

スピードはそこまで早くはないが、キレのある変化球を駆使して三振を量産する投手である。

 

変化球は、スライダー・チェンジアップ・ツーシームの3球種だ。

 

身長が184cmあるので高身長から投げ下ろすボールはとても威力があるだろう

 

出身中学校は、三川中学校になる。

 

上でも書いたが、中学校時代はは長崎北リトルシニアに所属していた。

 

ドラフト候補に入っていない選手であるが、相当伸びしろのある選手だ。

 

これからどんな成長を遂げるのかとても楽しみだ。

 

【関連記事】

選抜高校野球の組み合わせ表や日程展望は?前売り券情報も!

選抜高校野球(2018)の抽選日はいつ?優勝候補予想や注目選手も

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください